デバイス・ガジェット, 新着情報

YukiAim polar65キーボード買いました

こんにちは。今回は運良くYukiAimから出たラピッドトリガー搭載のキーボードPolar65を手に入れたのでレビューをしていきます。
購入当時は売り切れていたけど、運良くサイトを巡っていると在庫が復活していたので購入しました。つまり勢いで購入したってワケ。

買った経緯

ラピトリ搭載のキーボードが欲しかった。以上だ。
というかもうキーボードを買うことはないだろうと思っていた。なぜならこの前に作った自作キーボードが最高に気に入っていたのだ。

だが、機構的に優れているデバイスが後発で出てきたのであれば買うしかねぇ。なぜなら俺はデバイス厨の血が流れているから。

値段は¥29,980。け、結構いい値段しますね…。

外観

Polar65というキーボードを元に、YUKIAIM専用デザインのキーキャップがついている。
性能的にPolar65とこのYUKIAIMバージョンで大きな違いはないと思われる。正直普通のPolar65のキーキャップのほうが好きかも…。

ふもっふのおみせでPolar65は購入可能だ。

ケースは側面がCNCアルミニウムで底面がABS樹脂、つまりプラスチックだ。
全面アルミニウムでないのは少し残念ではある。

使用感

まず打鍵感が良い。届いて即最高峰の打鍵を感じる。かなり好み。
本体が1050gと重めで、底面に滑り止めもあるので使っている最中に動くこともない。

肝心のラピトリだが、当初はよくわかんねーという感じだったが、慣れてくるとじわじわ違いがわかるようになった。
とりあえず、ストッピングがあるFPSゲームに関してはラピトリは買って損ないだろう。というか戻れなくなる。

これはモニターで一度リフレッシュレート60Hzから144Hzにすると戻れなくなるのと似ている。

銀軸のメカニカルキーボードと今回のキーボードとで交互にValorantのデスマッチをやってみると、応答速度にかなりの差を感じることができた。
銀軸もメカニカルスイッチの中では速いほうなのだがラピトリと比べると「遅っそ」と感じる。

うーん、シンプルにラピトリの勝ち!

そもそも前のキーボードも応答速度を考えての銀軸チョイスだったし、さもありなん。

そして購入当初は違いがよくわからないと感じたのにも理由があった。

ファームウェア

発売当初は操作面でのバグがあったようで、自分自身もキーを押しているのに入力が途切れるなど初期不良かと思うほどの操作感の悪さに悩まされていた。
ラピトリの応答速度も他の競合機種に比べてあまり良くなかったようである。
しかし、後日ファームウェアの更新でそれらの操作面での不満点は解消できると公式からアナウンスがあった。ファームウェアの更新後からは快適に使えている。

現在(2023-12-22)のファームウェアの最新版は1.0.0.0。
導入時気をつけることもあるのでふもっふのおみせの投稿を一度見ると良いだろう。

競合製品とソフトウェアについて

購入を検討するうえで、ラピトリの始祖Wootingはじめとする他のラピトリ搭載のキーボードとの比較があるが、現状YukiaimPolar65は劣っていると言わざる負えない。

なぜならラピッドトリガーは常時デフォルトでONになり個別にOFFにすることができない。
アクチュエーションポイントの変更はできるものの、リセットポイントの変更はできない。

ほかのラピッドトリガー搭載のキーボードではできることができないのである。

ラピトリの恩恵を感じることができるが、ラピトリの設定面に関しては他の製品と比べて秀でた点は調べた感じ無さそう。

アクチュエーションポイントの変更もソフトウェアが無いので現状はFnキー+TAB→LEDの光の強さを見ながらPageUPとPageDownで調整するという少々ややこしいもの。
というかLEDの光具合を20段階見極めるの普通にしんどい。まあゲームで使うならどうせ0.1mmに設定するからPageUPを連打すればいいだけなんだけどね。

普段遣いのとき誤爆しないようにラピトリ弱めにしたいな~と、使い分けする場面でいちいちLEDとにらめっこする羽目になるのでかなり不満だ。

とはいえ年内にソフトウェアを導入するとの公式発表もあるのでそれを待ちたいところ。

総評

  • すまん、ラピッドトリガー最高や。
  • 打鍵感ヨシ!
  • ラピトリの細かい設定ができない!
  • 現状ソフトウェアが無い!(後々作るらしい)

正直惜しい。これならふつうにWootingでも良かったかもしれん。
デザインが好きとかYukiaimのファンなら買っても良いと思うけど、そこに魅力を感じないのであれば現状は他の製品を購入したほうが良いだろうとは思う。
中身は普通のPolar65とほぼ変わらないし。

最大の欠点がソフトウェアが無いことなので、いつか来るソフトウェア導入でどう変わるのか、これからに期待して使っていこうと思う。
ラピトリと打鍵感の良さはかなり好印象!

キーボードの出来としてはかなり良いものの、ソフトウェアや設定面の弱さが目立つ。そんな製品でした。